IPFA認定花育士養成コース

2017年、4期生を募集中です。
han0216-049



コース詳細

【あなたも『お花の伝道師』に・・・】
花育とは、お花や緑に親しみ、
実際に育てることで優しさや美しさを
感じる気持を育む取り組みです。

プリザーブドフラワーは花材が豊富で、色が選べ
屋内で身近に触れ合うことのできる
現代の花育においては最適なお花です。
IPFAの花育では、色選びからアレンジ製作まで、
子供たちの感性を刺激し、
優しさ、美しさを感じる気持ちを育むだけではなく、
達成感、人から褒められる喜び、
人のためにアレンジを贈って喜ばれる喜びを感じてもらうことを
目的としています。

IPFA認定花育士養成コースは、
これらの花育が提供できる技術を持った
IPFA認定花育士を養成するためのコースです。

IPFA認定花育士は、
IPFAの主催する花育活動に参加できるだけではなく、
自らが主催して花育活動を行うことができます。

IPFAと共に、ジュニアを対象とした花育活動を行いたい方。
また、お友達やお知り合いの子供たちを対象に、
花育活動を行いたい方は
是非、当コースをご受講ください。

【主催】
IPFA

【開催日時】
2017年6月25日(日)10:30~18:00
途中、1時間の昼食休憩あり

【開催場所】
IPFA銀座校

【講師】
関川洋子
井田有香里

【費用】
コース受講代 50,000円(税込54,000円)
※テキスト、花材費、認定試験代を含みます

【対象】
IPFA正会員

【定員】
8名様予定
※要予約

【内容】
当コースは二部制の1日完結コースとなります。

第一部では、花育についての知識や、児童心理やカラーセラピー等、
花育に必要な基礎知識をレクチャーいたします。

第二部では、花育で実際に使用することが多いアレンジ題材を用い、
色選びや立ち位置、会話法、エスコート法、お道具類の取り扱い方法等、
レッスンの進行方法についてレクチャーします。

☆第1部☆
花育講座
花育とは何か?
カラーセラピーや児童心理についてを交えながらの講習会です。

☆第2部☆
「花育」アレンジ制作
花育講座をふまえた上でご自身でテーマを決めて、
スクールにある花器とお花を使って自由にアレンジして頂きます。


予約画面に進めない場合はinfo@ipfa.jpまでEメールをご送信ください。
お電話でのお申し込みはTEL03-6228-6444(毎日10-19時)

 
 

265
104
写真
8/10(日)IPFA認定花育士養成コースを終えて

8/10(日)IPFA認定花育士養成コースが開講されました。
講師からのコメントを掲載致します。


IPFA講師 井田有香里

IPFAとして、初めての花育士養成講座を無事終了いたしました。
ご受講いただいた皆様、ありがとうございました。

関川洋子先生の現場の声を交えながらの講義は、
目から鱗の本当に素晴らしい内容だったと思います。。
楽しく、愛のあふれるお話に、傍で聞いていた私は終始感動しっぱなしでした。
受講生のみなさんが、どんどん話に惹き込まれて、
そしてだんだんと柔らかな優しい表情になっていくのがわかりました。
いつのまにかご自身までも癒されたのではないでしょうか?

「花育」とは、子供達の心を育てる活動というだけではなく、
老若男女どんな人においても「花を通して心をはぐくむ」
そんな「癒し」なのではないかと思います。

「花育」講座を開催出来、素晴らしい内容で終えられたことに感謝致します。

IPFA講師 井田有香里


IPFA講師 関川洋子

IPFA花育士養成講座に受講頂きまして、ありがとうございました。
皆様の、とても熱心な学びの姿勢や素晴らしい作品に感動致しました。

この花育講座を通じ五感をフル活用し心身共に元気であること、心の豊かさ、
自分そして他者への愛の大切さを感じて頂けたら幸せです。
私にとって素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。

皆様の心に素敵な花が咲きますように

IPFA講師 関川洋子


7/15(日)IPFA認定 花育士養成コース開講の模様
7/15(日)IPFA認定花育士養成コースが開講されました。

幼児教育の現場の声を交えながらの大変興味深い内容となりました。
なるほど、そうだったのか!という目から鱗のお話、
子供ながらの純真な目線だからこそ起こるホッコリ話などユーモア溢れる講義を受け、
受講された生徒さんからは充実した素敵な時間が過ごせた、とのお声を頂きました。

講義を終え、実際に子供になった気持ちでアレンジ制作をしました。
レッスンの運び方、誘導の仕方など、子供目線でのレッスンは
いつもとはまた違った感覚でのレッスンとなり、新鮮だったようです。

花育士としての社会活動を目指し、学び続けいく・・・
この講座がそんな活動の一つのきっかけとなれば幸いです♪

 
 

▲TO TOP